飼い主と愛猫との生活リズムはあっていますか?

昼と夜の生活活動時間を調整して、さらに愛猫と仲良くなろう!

ネコの自然の生活リズムは、体内時計によってコントロールされています。1日を周期として繰り返される、睡眠などの体のリズムを、サーカディアンリズム(概日リズム)といいます。

ネコは明け方と夕方に最も活発になります。
これは、獲物の活動パターンとも関係があります。よって、日中はゆっくりとお昼寝の時間になるのです。

しかし、このリズムに人が付き合うのは大変なことですよね。ネコが人に合わせてもらうしかありません。夕方はネコに付き合っておもいきり狩りごっこをして遊んであげ、明け方はネコに起こされてもひたすら無視して構ってあげなければ、そのうちネコもあきらめて人が起きてくるまでおとなしくしているようになるものです。また、そうすることで、ネコのサーカディアンリズムも変化していきます。

このリズムをつくるためには、子ネコのときから一貫した態度で臨む必要があります。

そのときそのときの飼い主さんの気まぐれで、遊んであげたりあげなかったりにならないよう気をつけてくださいね。子ネコの時からの習慣が大切なんです。