肥満猫?それとも大きいだけ?

愛玩猫は以外に肥満が多い!

肥満になると運動を好まなくなるのが普通ですよね。猫は家の中だけで飼うことが動物愛護法の規準では推奨されていますが、運動不足にはなっていないでしょうか?

猫は高い所を好むので、家の中にキャットタワーなどを用意し、昇降運動をさせるようにしてあげます。また、ドライフードなど常に食べられる食事はキャットタワーの高い所に置いておくようにすれば、運動不足予防にも役立ちます。

ご存知のように、猫は単独で狩りをしますから自分より小さな獲物を捕らえてます。そして、1日に何回も狩りをして食欲を満たします。ですから、私の家では常に少量のドライフードが食べらるようにしてあげています。そして、朝晩は缶詰めなどをあげています。

しかし、これも1日のカロリー摂取が過多にならないように配慮しなければなりません。欲しがるからと言って好き放題にオヤツを与えていれば、太り過ぎてしまうのは当然ですね。

中には肥満の予防や改善の基本は食事と運動ですが、太り過ぎてしまいジャンプすらできない子もいます。
こうなると嫌がって運動をしようとしない子もいたりします。

こうならないためにも、肥満ぎみの子には興味を持つオモチャで遊ばせたり、オモチャなどを投げて追いかけさせて運動を少しずつでもさせるようにしなければなりませんね。猫は直線的に走るので、廊下など直線コースが取れる場所があると走りやすくて良いでしょう。

また、運動量を増やすために、首輪やリードを着けて、犬のようにお散歩に連れ出すのも方法です。しかし、肥満の子は暑いと動きたがらないことが多いので、夕方など涼しい時間帯に行くようにしてあげます。

肥満は万病の元とも言われますから、日頃から予防に心かけであげたいものですね。