粉薬の飲ませ方と座薬

愛犬・愛猫に対して薬を飲ませるのに苦労してませんか?

「dog medicine」の画像検索結果

粉薬の与え方

なかなか与えるのが難しい薬と思います。ですから、以下の工夫で対応するのが一般的です。

①マーガリンやバターに練りこんで与える
②水に混ぜて水溶液や粘土状にして与える
③オブラートに包んで与える
④ゼリー状オブラート(飲薬用ゼリー)に混ぜて与える ⑤食事に混ぜて与える
などの方法があります。

①や②の粘土状の粘土状にして与える場合は、口の中に塗るようにして与えます。

また、⑤の食事に混ぜる場合は雑炊のようなフードを与えるようにすると苦味や嫌な味がごまかせて与えやすくなります。その他については水溶液や固形タイプの与え方に準ずるようにしてください。

「cat medicine」の画像検索結果

愛犬や愛猫の鼻に塗って舐めさせるという方法もありますが、あまり具体的に利用できる方法ではないようです。くどいようですが、薬を何かに混ぜて与える場合は、必ず獣医師に確認してくださいね。

固形体タイプのものを砕いて与えたり、カプセルの中の薬を出して与えなくてはならない場合にも、粉薬の与え方と同様な方法を利用するようにすると良いでしょう。

 

<座薬>
愛犬や愛猫に薬を口から投与できない場合(口の中をケガしているような場合など)に、座薬を利用することがあります。座薬を利用する場合には、ワセリンを塗って肛門から直腸に挿入します。しかし、脱水や腸閉塞所可能性がある場合などには利用ができません。

座薬を利用する場合は動物病院で実施してもらうか、馴れるまで獣医師や動物看護師に指導してもらうようにするのが良いでしょう。