猫のチュウチュウとモミモミはどうして?

うちのネコは2ヶ月ころに友人の家で生まれた子ネコを譲り受けたのですが、眠くなったりすると前足をモミモミしながら私の手や服にチューチュー吸い付きます。いったいどうしてこのような行動をとるのでしょうか?

これは、子ネコが母ネコの母乳を吸うときの行動です。実際に母乳が出るわけではないのに、子ネコはゴロゴロしながら目を細めて気持ちよさそうにしていると思います。前足を動かすのは、母乳の出をよくするために行われると言われています。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

子ネコの離乳の始まりは早い子で生後3週目頃ですが、平均して56日くらいで離乳が完了します。授乳が子ネコの成長のために必要なのは、生後5~6週間ですが、その後も母ネコに甘えるためにお乳に吸い付いてきます。母乳の出も段々と悪くなってきますが、吸われている間は少しずつではありますが出るようです。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

しかし、子ネコが乳首に嚙りつこうとすることがありますが、母ネコは痛さのあまり子ネコに威嚇をしたり、子ネコの鼻先をたたいたりして完全に離乳を促します。このような母ネコからの「手助け」がない限り、子ネコがお乳を吸おうとする欲求は完全にはなくなりません。

生後2ヶ月ころには母ネコから離されてしまっているので、おそらく完全に離乳が済んでいなかったのでしょう。幼い時期に母ネコから離されて、人の手で育てられたネコのほうが、成長してもお乳を飲むような行動を起こすことが多いようです。子ネコの時期にしっかりと母ネコからの教育を受けていないと、完全に離乳できないでいつまでも人の手や耳たぶ、洋服や毛布といったものに吸い付こうとするのです。

吸い付く対象物が人の手や耳たぶといったものなら、ネコの気持ちを満足させそれが安心感にもつながりますので、少し多めに見てあげるのもいいのではないのでしょうか?

しかし、それが毛布やタオルのような素材のものですと、繊維を飲み込まないように注意する必要があります。このようなケースの場合は、人の目の届く範囲でしたらいいのですが、留守がちなお宅の場合などのことを考え、やめさせるようにしつけしたほうがよいでしょう。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

まず、お手本は、母ネコのする行動です。お乳に吸い付いてこようとしたら、「シャー」といって前足で鼻先を猫パンチする要領で叱ります。人がする場合は、「ダメ」と言って軽く鼻先をピンするといいでしょう。その後は、その場から離れ、少し経ってからネコと普段通りに接してあげてください。

そして、一番忘れてはいけないのは、ネコに充分甘えさせてあげ、安心感を与えてあげることです。やさしい声で話しかけてあげたり、撫でてあげたり、一緒に遊んであげてください。何よりも飼い主さんからの愛情が一番のご褒美です。いけないことをしたときは厳しく叱り、よい事をしたときは十分に褒め、愛情を充分に注いであげてくださいね。