猫にマタタビ ~マタタビは性的快感を与える媚薬?~

「マタタビラクトン」と「アクチニジン」

猫科動物の中枢神経を麻痺させて、性的快感を覚えさせるその成分が「マタタビラクトン」「アクチニジン」であるということが科学的に大阪市立大学の目(さかん)教授の研究グループによって立証されています。性的快感を与えるって凄いですよね。

さて、マタタビ(学名:Actinidia polygama)はサルナシ科(マタタビ科)の蔓性落葉低木で、葉や茎、果実に含まれるある成分が、猫科動物の大脳、脊髄、延髄を麻痺させ陶酔状態にさせるのです。ちなみに、人間には性的快楽や陶酔効果はないようですが、疲れた旅人がこの実を食べて体力を養ってから、また旅にでることからマタタビといわれるようになった説もあるようです。

「マタタビ」の画像検索結果

<マタタビ>


未去勢の雄猫に最も効果的なマタタビ

成猫に「マタタビ」を与えると酔っぱらったように興奮作用(マタタビ反応)し、独特反応のマタタビ踊りをすることがあります。個体差はありますが、雌よりも雄の方が反応しやすいようです。子猫には大きな効果はありません。また、去勢手術を受けた猫の一部もあまり興味を示さないようです。マタタビは性成熟した成猫に効果のある媚薬ということなのですね。

「マタタビ」の画像検索結果


キウイフルーツもマタタビ効果

マタタビと同じサルナシ科(マタタビ科)に属するキウイフルーツ(学名:Actinidia deliciosa)もマタタビと同じ効果を与えることはご存じない方が多いようです。野生のキウイフルーツの木の根や茎はネコ科動物にとっては媚薬となってしまうのです。しかし、市販されているキウイフルーツは品種改良されているため効果は薄いようです。中には市販のキウイフルーツに反応する猫もいるようですが、キウイ(バナナ同様)にはカリウムが多く含まれているため慢性腎不全の猫には注意が必要です。

「キウイフルーツ」の画像検索結果<キウイフルーツ>


キャットニップのネペタラクトンはリラックス効果

猫をリラックスさせたり惹きつけるものとしては、キャットニップ(Catnip:学 名Nepeta cataria)があり、シソ科イヌハッカ属に属するハーブでキャットミントと呼ばれることもあります。これはマタタビに含まれる「マタタビラクトン」や「アクチニジン」の成分ではない「ネペタラクトン」(nepetalactone)という成分が含まれており、リラックス効果・猫誘引効果・催淫効果があると考えられています。ただ、キャットニップに興味を示すかどうかは個体差もありますが、3か月齢以降でないと興味を示さない猫がほとんどのようです。キャットニップは猫に有害ではありませんが、催淫効果などがあるため妊婦はキャットニップを避けたほうが無難といえるでしょう。

Catnip<キャットニップ>