固形タイプの薬の飲ませ方

愛犬・愛猫に対して薬を飲ませるのに苦労してませんか?

処方される投薬には、丸薬・カプセル・錠剤(固形タイプ)・シロップ剤(水溶液)・粉薬があります。愛犬に投薬する場合は、愛犬や愛猫の体調や状況に応じた内容を獣医師と相談して決めるようにしましょう。素人判断で勝手に薬を与えないことが大切です。多くの犬は薬に苦味や嫌な味がすると、薬を飲み込もうとしないものです。ここでは基本的な薬の与え方をご紹介します。

「dog medicine」の画像検索結果


丸薬・カプセル・錠剤 (固形タイプ)
まず愛犬もしくは愛猫の犬歯の後ろに親指を差し入れて口蓋を押し上げてあげます。次に愛犬もしくは愛猫の口が開き始めたら、反対の手で下あごを押し下げます。このとき薬剤は押し下げる反対の手でつかんでいるようにし、口が開いたら舌のできるだけ奥の方に薬を差し入れます。必ず口の中央に差し入れるようにしてください。手前過ぎたり口の端に差し入れると、薬を吐き出してしまいます。

自動代替テキストはありません。

次に愛犬もしくは愛猫の口を閉じ、喉を伸ばすようにして飲み込む方向へとマッサージをしてあげます。愛犬もしくは愛猫が舌を出して鼻を舐めたら、薬は飲み込めています。飲み込まずに後から吐き出したりすることもありますから、この動作をしたかどうかをチェックするようにすると良いでしょう。

「CAT medicine」の画像検索結果

どうしてもうまくいかないときは薬をオヤツなどに包んで与える方法もあります。この場合は病状や薬の内容によって、オヤツが不適切な場合もありますから、動物病院で必ず確認をするようにしてください。

「CAT medicine」の画像検索結果

また、丸薬や錠剤を砕いて与えようとする飼い主さんがいますが、砕いて与えるとますます飲み込まなくなってしまうことがあります。それは薬の苦味などの嫌いな味がするようになるからです。錠剤に関しては苦味や嫌な味がしないように、わざわざコーティングをしているものもありますから、砕いて与えることは止めるのが得策です。