ペットにも感情はあるのでしょうか?

犬猫は悲しい時に涙を流して泣くんでしょうか?
愛犬愛猫と心は通じ合えるのでしょうか?

私は愛犬は涙を流して泣くように思います。
正直、実際は悲しみという感情で涙を流すことないかと思います。 しかし、犬は喜怒哀楽を感じることのできる動物であり、周りにいる人間と感情を共有できるのではないでしょうか?

犬の知能は人間の3歳程度といわれていますが・・・。

ずっと帰らぬ飼い主を待っていたり、はたまた、親愛する仲間や飼い主を助けるためにいろいろなことをしてくれた逸話は数え切れないほどあります。我々の気持ちや思いが伝わるのかと感じることは多々あります。

互いの生理学的な証明の前に、感じる力がそうさせるのでしょうか?

私は生理学的な証明の前に、私達と愛犬愛猫との心の通じ合いを優先して信頼していきたい思ってしまいます。

日頃から愛犬愛猫を観察し理解することで、その情緒の変化は伝わってくるとものです。犬の情緒は涙ではなく、他にいろいろな表現が現実にありますが、これを無意識に分る飼い主が勝手に人間の表現に変換して言い伝えているとも考えられるかもしれませんね。

はたまた、愛する飼い主を失った時に絆や気持ちが通じる愛犬は心の中で涙を流して悲しんでいるのでしょうか、、、私はそう信じたいと思います。

実際に愛犬愛猫を失った時の私の感情と同様の感情を愛犬愛猫は持ってくれるのではないかと・・・・期待しているのかもしれません。それは、エゴかもしれませんが、信じたいのです。

犬猫は生理学的また心理学的には、悲しみのために涙を流さないと体の構造上からは言われています。

人間の目に比べれば、一般的に動物の目は潤んでいるものですが、人間の感情次第で、は涙を流しているように感じるのが本当なのでしょう。

それでも私は愛犬愛猫との絆を信じていきたいと考えています。

みなさんはどのように感じていますか?
きっと愛犬家のみなさんはどのように感じおられておられるのでしょうか?