ネコは何を招くの?

招き猫の起源や発祥は?

招き猫にはいろいろな形のものがありますが、一般的には左右どちらかの手を挙げてお腹に小判があるというのが一般的ですよね。右手を挙げていれば「お金」を招き、左手を挙げていれば「人」を招くといわれています。両手を挙げていると「欲張りすぎ」となるようです。ネコや動物には利き手がありますが、人間と違い半々に分かれるようです。右利きか左利きか観察していると分かるものです。

自動代替テキストはありません。

さて、この招き猫ですが手を挙げて小判をお腹に載せている典型的な招き猫は愛知県の常滑焼きが発祥といわれています。しかし、発祥はとなるといつ?どこで?と気になって調べてみると、どうやら江戸時代の江戸が発祥起源といわれているようですが、江戸以外には京都の伏見起源説もありました。はっきりとわかっていないのが実情のようです。

自動代替テキストはありません。

招き猫の発祥とされているものには、江戸浅草の今戸焼説(今戸神社説)、世田谷の豪徳寺説、新宿落合の自性院説がありますが、今戸焼き説が有力と学者さんたちの中では考えられているようです。その昔、浅草今戸神社の近くに住む老婆が貧しさの余り飼いネコを手放したところ、そのネコが夢に現れて「私の姿を人形にして売れば福寿が授かる」と言ったので、それを浅草神社の横で今戸人形(今戸焼)として売ったところ繁盛したという話しから、江戸の庶民がそれにあやかってネコの人形を飾るようになったとされているそうです。

この今戸焼のネコは「丸〆猫」(まるしめのねこ)といわれ、造形物として現存する最古のもといわれています。横に体をねじって正面を向いて招いていて、後ろ腰に丸〆が書かれています。この丸〆の意味は「お金を丸儲けをする」ということです。つまり、この「丸〆猫」を置いて商売をするとお金が儲かる・繁盛するという縁起担ぎとなったわけです。

自動代替テキストはありません。

絵では1852年に出版された歌川広重作の「浄瑠璃町繁花の図」の浮世絵が招き猫(「丸〆猫」)の存在を証明する最も古い絵画といわれています。