ネコはケンカを避けたがる動物です!

マーキングや臭腺はケンカを避けるためにも必要なのです。

ネコは元々はケンカをできるだけ避けるような行動をとります。外で他のネコと鉢合わせにならないように匂いによるマーキングというのを行います。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、室内


糞や尿によるマーキング

その一つに糞によるマーキングがあります。これは、いつ、誰が、その場所にいてどんな地位にいるかなど糞によっていろいろな情報を相手に知らせることができるのです。また、尿によるマーキングは自分の存在を知らせるいわゆる人で言うと名刺をそこに置いて歩いているようなものです。お互いに尿によって挨拶を交わしているのです。これは、ネコ同士のコミュニケーション手段としては極めて重要なのです。お互いに上手に共存する形で生きていることを意味します。もしも、この尿によるマーキングがないとネコ同士の出会いがしらのケンカはもっと頻繁に起きてしまいます。

自分がこの道を通りたいと思ったときに他のネコの新しいマーキングがあったとしたら、誰かが通過したばかりなので、進路を変更したり少し時間を置いてから行こうとします。もしも、何メートルか先に他のネコの姿を見つけると、そのネコが立ち去るまでじっとその場で待っています。


擦り付けてのマーキング

もう一つの匂いによるマーキングに擦り付け行動というのがあります。ネコには、口のまわり、顎、耳道内、肛門の周囲、尾の付け根などによく発達した皮脂腺があります。この部分を対象物に擦り付けるのです。ネコ社会にはルールがあり、そしてマナーがあるのですね。

先住ネコがいてそこに新いるネコが加わり争いが起こると言うケースはよくありますが、今まで仲がよく同居しているネコ同士が突然、仲が悪くなる場合は、どちらか一方が病院などから帰ってきて今までとは違う匂い、例えば他のネコの匂いをつけてきたりすると匂いを嗅いだ瞬間、「シャー」と威嚇したりします。しかし、それでもすぐにいつのような仲のよいネコ同士に戻ります。

また、引越しなど環境が大きく変わるようなことが起きると強いストレスが加わり、仲間意識と言うよりもその新しい環境に対して自分の居場所に順応できずにパニック状態になっていることもあります。これも、飼い主さんの態度などでいづれ自分の居場所を見つけ出し安心すれば、同居猫同士はケンカすることなく落ち着くのが普通です。