ネコはずば抜けたアスリート

すごいジャンプ力と走力にビックリ!

ネコは助走なしで四つん這いの状態から約1.5mの高さにジャンプすることができます。これは四つん這いでの体高の約5倍にもなります。そして、時速50㎞で走ることもできます。人間はあの100m走の世界チャンピオンのボルトでさ時速37㎞程度ですから、その速さは凄いものです。同じ猫科のチーターの最高速度は時速100kmにもなります。でも、体の大きさも考慮すると素晴らしい身体能力ではありませんか。

さて、なぜネコにはこんなにも高い身体能力が高いのでしょうか? その秘密は瞬発力に長けた「白筋」としなやかで柔軟な体にあります。背骨などは大きくU字に反ることもできますし、反対に背と腹がくっつくほどに折り曲げることもできるのです。この柔軟な体と瞬発力に長けた筋肉のおかげで、走るときはスライドは大きくなりスピードも急激にアップすることができるわけです。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外

ジャンプ力もこの「白筋」のおかげですが、イヌと違い木に登ることもネコはできます。ジャンプして飛びついたら、鋭いツメを立てて木に抱きつくように登ります。この抱きつくという行為は鎖骨がある動物でなければできません。(イヌにはこの鎖骨がありません。)ネコは前肢を前後だけでなく内側や外側にも自由に動かすことができることで抱きつくことができるのです。(残念ながらイヌにはできない芸当です。)そして、体が柔軟なネコは体を180度も捻じることができますから、形状が変わった形の木にも簡単に対応してしまいます。ただし、降りるのがうまくありません。ジャンプして飛び降りるなら良いのですが、木に抱きつきながら降りるのは鋭いツメが邪魔するため得意ではないのです。(これも可愛くて魅力的ですよね。)

このようなネコの素晴らしい身体能力は、全て単独で狩りをするために養われたものなのです。ですから、群れで狩りをするイヌとは体の構造や筋肉の性質までが異なってるのです。