ネコの耳の素晴らしいところ

ネコの耳の機能は面白くて素晴らしい!

獲物を狩りするためや危険を察知するために、ネコの耳や聴覚は素晴らしい機能を獲得してるんですね。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

何と耳は別々に動かすこともできるだけでなく、180度も回転させることもできるんです。間逆に耳を向けられるんです。この耳を動かすためには12以上の筋肉を駆使しています。

また、耳介には多数の毛細血管が分布していて、この毛細血管を収縮させることで体温調整に一役買っています。暑いときには血管が拡張して血流が増加して、放熱をすることになります。ですから、暑いときにネコの耳を触ると暖かく感じるはずです。寒いときは放熱をさせたくいないので、血管を収縮させます。触ると冷たく感じるでしょう。

そして、ネコがバランスよく着地できるのも内耳の三半規管などの平行感覚器官が発達しているからなのです。

もちろん、聴力も優れていてネズミなどの獲物が動く小さな音も聞き逃しません。犬よりも優れ、高周波(6500Hz程度)まで聞き問えることができるといわれています。

ネコにとっては耳はとっても重要な感覚器官なんですね。ただし、白毛で青目のネコには、遺伝的に聴覚障害の子が多いといわれていますから。注意してあげてください。