ネコの瞳孔はなぜ丸くない?

【ネコは暗闇でも目が良く見えるのは?】

ネコは人間が暗闇でものを見るのに必要な光量のなんと1/6でものが見えるといわれています。暗闇でも抜群に見える夜行性の動物なんですね。

この理由の一つにネコは大きな眼球を持っていて瞳孔の面積も広く広がるようになっていることがあげられます。人間は目を見開いたときに瞳孔の平均直径は約8㎜なのに対して猫は約14㎜もあり、面積にすると約3倍もの大きさになるのです。目の中の瞳が大きいと可愛く見えますね。これがネコが我々を魅了する要因の1つになっているわけです。

また、ネコは眼球の奥の網膜層の後ろに『タペタム』という光の量を増幅する組織の層を持っています。そして、この『タペタム』は反射板のような役割もしていて、反射された光は再度網膜層を通過することになります。この網膜層を通過した光の量は網膜層の細胞を通じて脳に伝えられるのですが、実はこの光の量が多いほど暗闇でものが見やすいことになるのです。このように暗闇に適した目の構造をしていネコだからこそ、夜行性のハンターでいられるのですね。夜間に目が光ってみえるは、この『タペタム』から反射された光が目の外に飛び出してくるためなのです。

 

【ネコの瞳孔はなぜ細長い?】

さて、夜間の行動に適した目の構造を持っているネコですが、光量が多い場所では私たち以上に目に入ってくる光を制限しなければなりません。私たち人間は小さな輪ゴムのようにできた筋肉の輪を伸び縮みさせることで瞳孔をコントロールしています。我々の場合は直径約2㎜までが限界といわれています。ネコの場合は瞳孔を上下から引っ張ることでさらに小さく光量を抑えることができるのです。なんと瞳孔の幅を1㎜以下にまですることができるのです。

この瞳孔を上下から引っ張ることで細長いはりのような形になるのですね!

ネコの目だけでもこれ以外にいろんな特徴があります。是非、ネコのことをたくさん知って興味を持っていただき、終生にわたり愛猫との楽しい生活をしてもらいたいと思います。