ネコが体を掻がる理由

~グルーミングとの違いには気づいてあげて欲しい!~

愛猫が皮膚を掻いていることには必ずそれなりの理由があるはずでです。中にはグルーミングの動作と思い込み軽く見過ごす飼い主さんもいるようです。原因を解決しなければ痒みがなくなるとは考えにくいでしょう。

痒いから掻きむしることや舐めることでも二次感染が起きることがあります。ネコは痒いと痒い場所だけではなく毛づくろいも執拗に行うようになりますが、引っ掻き傷・舐めることでの脱毛・ときには出血や解放創を作ってしまうこともあり、二次感染へと広がります。真菌などの場合は感染場所を広げてしまうことにもなります。傷ができてカサブタになり更に痒がったり、ゴミが目に入って痒がって掻いてしまい傷つけてしまうこともあるようです。


~痒さが性格も変える?~

また、痒みを伴うことは精神的にイライラし攻撃的になることも考えられます。短期になったり怒りっぽくなったりと、性格までが変わってしまったように感じることもあるかもしれませんね。


【皮膚が痒くなる一般的な原因】

~寄生虫による痒み~

  • ノミ(ノミの唾液がアレルギーの原因にもなります。)
  • 耳ダニ(耳ヒセンダ二、なかなか見つけにくいことが多くあります。)
  • 皮膚ダニ
  • 疥癬ダニ(ネコショウセンコウヒゼンダニ)
  • ツメダニ
  • ツツガムシ
  • 蚊などの虫刺され
  • シラミ


~感染症による痒み~

  • 細菌
  • 真菌 (皮膚糸状菌・白癬菌が有名。)
  • ウィルス


~アレルギーによる痒み~

  • ノミアレルギー性皮膚炎
  • 食物アレルギー性皮膚炎(穀物、豚肉、鶏肉が原因物質になりやすい。)
  • アトピー性皮膚炎
  • 粟粒性湿疹(好酸球性肉芽腫)
  • 接触性アレルギー性皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 薬物性皮疹


“痒がっている動作が繰り返されている“”同じところを頻繁に舐めている“”グルーミング(毛づくろい)が執拗に増えた’‘顔をしきりに振っている”など、いつもと違う仕草や動作がおかしいと感じたら、動物病院での診察をしてもらい早期発見に努めるようにしてあげてください。