ニャンパラリな猫の着地

猫の立ち直り反射は凄いぞ!

猫が宙返りしたり高いところから落ちてもニャンパラリと何事なかったように着地する姿は、昔のマンガでにもありましたね。(40代以上でないとご存じないかもしれませんが、柔道の受け身の最高峰の技で、ニャンコ先生の極意です。)

この猫が柔軟に正しい姿勢で着地できるには、柔らかい背骨・弾力のある筋肉・鋭い視力・優れた聴覚器官をもっているからなのです。人間の体操選手でもそう簡単にマネできるものではないでしょうね。柔軟な背骨としなやかな筋肉のおかげで猫は体をねじ曲げることができ、空中でも180度の方向転換が可能になります。体全体がバネといってもよいでしょう。また、鋭い視覚と聴覚器官の三半規管(平衡感覚を保つ)も優れているからこそ、抜群の平衡感覚を保つこともできるわけです。
この正しい姿勢で着地できる猫の能力のことは、『立ち直り反射』といわれています。

猫は高い所にいることが好きですが、恐ろしく高い塀やベランダの手すりなどにも平気で登っていることもしばしばです。しかし、時には間違えて落下してしまう事故もあるようですね。落下事故で猫が無傷だったとの報告は地上5階といわれています。この時に最高落下速度は時速100キロにもなるそうです。(私の知る限りでは4階でしたが、やはり無傷でした。)これは猫が空中で姿勢を立て直した後、両手両足を広く広げムササビやモモンガのように落下するからだと考えられています。凄い能力ですよね。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

とはいえ、万が一高所から落下した場合に骨折などの外傷がなかったとしても、脳へのダメージなど見えない損傷を受けていることもあります。ですから、落下事故の場合は動物病院でのチェックは必ず受けられることをお勧めします。(猫が高いビルのベランダから落ちないよう、ベランダに出さないことが基本ですよね。)

猫の高いジャンプ力(自分の身長の5倍程度はジャンプできるんですよ。)やニャンパラリの柔軟な着地はとても魅力的で、ますます猫の美しさにはまりそうです。