ペットにも腸管免疫力アップは有効です!

飼い主さんも一緒です

①腸管免疫力のアップはどんな動物にも重要!

犬・猫・小鳥・小動物でも、最終的に栄養は腸で吸収しますが、腸管には体に必要なものだけでなく必要のないものまでが入り込みます。また、腸管には免疫担当細胞のリンパ球も多く存在し、体内に悪いものが入らないようにするガード役も担っているのです。この腸の環境バランスを善玉菌やリンパ球が活躍できるようにすることで、免疫力が強くなるのです。ですから、腸管免疫力のアップはさまざまの病気や感染症に強い体を作るのに不可欠なんですね。

②腸管免疫をアップしてくれるもの!

ここで重要なのが腸内細菌の存在です。
しかし、腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいて、善玉菌が悪玉菌に勝てる環境にないと免疫力が低下するばかりでなく、悪玉菌が大量発生し、毒素を出して腸炎や癌までも引き起こすことが分かっています。健康であるためには、常に善玉菌が優位にある腸内環境にしておくことが重要なんです。また、普段は善玉菌でも悪玉菌ない日和見菌は形勢が有利な方に味方しますから、悪玉菌が少しでも優位になると悪玉菌に加勢します。すると腸内環境バランスが悪化し、簡単に下痢などの体調不良となってしまうわけです。

③草食や穀食性の小動物小鳥はさらに重要!

ウサギやモルモットなど、植物の繊維を食事に取り込んでいるような草食性動物は、さらに腸内の善玉菌が優位に働ける環境が必要です。それはセルロースなどの植物繊維を分解してエネルギー源にしてくれるのが腸内細菌だからです。小鳥の場合は多くの腸内細菌を体内に蓄えることは体が重くなり飛ぶことに不利になるので、数が少なくてもより効果の高い善玉菌が有効となると考えられます。膳玉菌とは乳酸菌のことで、いろいろなタイプのものがあります。

④善玉菌を増やすには!

常に善玉菌である乳酸菌を補給するか、乳酸菌を増殖させたり活発にさせるオリゴ糖などを補給することです。乳酸菌と言えばヨーグルトですが、効果を出すためには生きている乳酸菌が腸までたどり着かなければなりません。これは技術的には可能ですが市販のヨーグルトに比べいぇ高価のようです。また、オリゴ糖と乳酸菌は併用して利用すると、より効果が高まることになります。

⑤生きた乳酸菌でなくても腸内活性

最近は乳酸菌でも死菌が注目されています。このフェカリス菌を加熱殺菌した死菌が、一般の生きた乳酸菌の3倍もの免疫効果があることが発表されたからです。免疫力が3倍ということはとても凄いことです。通常のカップヨーグルトは1カップで30億~50億個しか乳酸菌は含まれていませんが、この加熱殺菌された死菌は1gで3000億個もの乳酸菌が含まれているそうです。生きているわけではないので、他の乳酸菌を活性させ効果を高めていると推測されます。また、冷蔵保存の必要もなく管理コストがかからないこともあって、同様の効果のある乳酸菌と比べると低価格であることも注目を浴びている理由なのかもしれません、(参考;日本経済新聞)

⑥乳酸菌の具体的効果はペットにも!

乳酸菌で腸管免疫力が上がることは、感染症予防、整腸作用効果、花粉症等のアレルギー改善、アンチエイジング効果(若返り効果)、などなど、その他にも多くの効果が期待できます。

腸管免疫アップはどんな動物にも必要で、保健衛生の点からもとても有効であることは分かっています。最近ではペットショップでも乳酸菌サプリメントが市販されるようになりました。是非、ペットにも乳酸菌を与えて、健康で長生きでいてもらいたいものです。


 

 

注意してあげたい膀胱炎!

飼い主さんなら早期発見できるはず⁈

膀胱炎は膀胱の内側にある粘膜に細菌が感染して起こる病気です。尿道から入った細菌が膀胱に感染して炎症をおこすわけです。ですから、一般的な前兆として、尿道感染が見られることになります。尿路が短いメスのほうがオスよりも感染することが多いといえるのも特徴です。


膀胱炎の原因と症状
原因としては、糖尿病、加齢、排尿を我慢することなどがあげられます。(長期間にわたるコルチコステロイド治療が原因になることもあるようです。)特に体力低下時には注意が必要となります。また、膀胱結石などのように、尿中の結晶や結石が原因で膀胱炎が起きることがあります。

症 状
一般的な症状としては、痛みを伴う頻尿、排尿困難、尿が濁る、尿に異常な匂いがする、ひどくなると尿に血が混じるようにもなります。膀胱炎になった雌犬は外陰部を舐めるもので、膣からの分泌物が認められます。飼い主さんが早期に気がつけば良いのですが、通常は物病院での検査尿中に細菌や白血球が発見され、時には赤血球も発見さることによって膀胱炎であることが早期確認されることが多いいようです。

膀胱炎の注意と対応
さて、一般的な治療法は、獣医師による抗生物質の処方となりますが、おおよそ2週間から3週間継続して投与するのが一般的のようです。そして、その時点で再検査を実施し、感染がなくなったことを確かめます。しかし、油断をしてしっかり治療に取り組まなかったりすると数ヶ月経過しても治癒しないこともあるようです。また、早急な治療によって、腎臓への感染を防ぐことも重要となります。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

飼い主さんに注意して欲しいことは再発をさせないことと、慢性化させないことです。慢性型の膀胱炎の場合には、確実に長期間の治療が必要になることが少なくないようです。再び発症したら再治療を実施するわけですが、この場合は治療が完了してもその後1~2ヵ月後には再度検査することをお勧めします。


 

 

知っておきたい動物を人に馴らすための4つの条件

犬、猫、小鳥、小動物などのペットを人に馴らすための共通の条件があります。


1、年齢
年齢が若いほど人には馴れやすいものです。とはいえ、年齢が高いからといって人に馴れないわけではありません。根気と継続が大切になります。

2、仲間の数

ペットの数が少ない方が、人には馴れにくくなるのが普通です。動物の社会性によっても違いがあるので、ペットの習性や特性を知っておくと良いでしょう。

3、接触時間
毎日どの程度をペットと触れあえるかの問題です。人に馴れるには毎日、一定時間以上の触れ合いがあるかどうかが人馴れには大きく影響します。

4、接触態度
ペットへの触れ合い方の問題です。この触れ合い方を学ぶのが、家庭犬のしつけです。飼い主の触れ合い方で随分とペットの態度も変わるものです。


小鳥や小動物も同じです。小鳥を手乗りにしたり、ウサギを馴らして呼んだらくるようにすることもできるのです。


 

 

ネコを飼うなら1頭だけ? それとも複数?

ネコの1頭飼養と多頭飼養あなたはどっちが良いと思いますか?

ネコは単独性動物とはいえ、日中飼い主さんがいなく独りぼっちになるよりは、気の合うお友達がいたほうがいいと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:猫、テキスト

特に子ネコのうちは、仲間とじゃれあったりケンカごっこしたりしながら、社会性を身につけます。「どの程度噛むと嫌がる」とか「どのくらいしつこくすると嫌われる」など、相手の反応を見て自然と学習していくのです。これが、近くに仲間がいないと、人に対してケンカごっこをすることになり、噛んだり、引っ掻いたり、襲いかかったりしてきます。「あなたのしていいことはここまでだよ」と、子ネコに上手に教えてあげられるのであればいいのですが、なかなか理解してもらえなかったり、また、子ネコが変に理解してしまったりした場合、飼い主さんに対して不信感を抱いてしまうことにもなりかねます。やはり「ルール」は、仲間同士で学ばせたほうがスムーズにいくのです。また、子ネコの時期はまだ柔軟性がありますので、相性はそれほど気にする必要はありません。


しかし、どちらかが極端に活発で、もう一方が極端に神経質なネコであれば、あまりよくないこともあります。兄弟ネコで飼われるほうが安心かもしれません。一見、人から見るとケンカばかりして相性が合わないのかしら・・・と思ってしまうこともありますが、それはただのケンカごっこであり、寝るときは一緒に寄り添って寝てしまうことでしょう。仲間といっぱい遊ぶことで、身体的にも性格的にもまた、精神的にも健康に育つのです。そして、2頭がじゃれ合うかわいい姿を見ると、より一層の愛情が沸くことでしょう。


次に、多頭飼養を始める前に、気をつけなければならないことについてご説明していきます。

まず初めに、2頭を飼い始めたら、動物病院で寄生虫や感染症などの病気を持っていないかの検査をしてください。どちらか一頭がもっていると、一緒に生活していくうえでもう1頭にも移ってしまいます。

もし、片一方のネコが病気を持っていた場合は、完全に治るまで部屋を別々にしてください。トイレの数は、基本的には1頭に対して1個ずつがいいかと思いますが、1個でも問題なく使うようでしたらそれでもいいでしょう。飼い主さんにとっては、掃除が楽になるし場所もとらないという利点があります。

しかし、多頭飼養の場合、下痢をしたり尿の色がおかしかったりしても、どのネコのものなのか判別しにくいという欠点があります。トイレが別々でそれぞれ決まっていると、病気の早期発見につながります。この点に関しましては、住宅状況や生活パターンやネコの性格によっても変わってきますので、飼い主さんの都合で対応してください。


まだ子ネコのうちでは問題はありませんが、性成熟してくると、今まで仲良かったのにケンカを始め出したり、鳴き声による騒音や、あちらこちらに尿を吹き付けるスプレー行動が問題になってきます。オス、メスに関わらず、6ヶ月くらいで避妊去勢手術をすることをお勧めします。特にオスとメスで飼われた場合は、妊娠しないように注意が必要です。避妊去勢手術をすることは、ネコにとっても病気の予防になり、長生きにもつながります。飼い主さんにとっても、騒音や臭いなどによるストレスを受けることがなくなります。

避妊去勢手術をしても大人になってくると、今まで仲がよかった関係に、少し変化がでる場合があります。そういうときには、お互いに独りになれるスペースを用意してあげてください。これは、決して広い場所が必要だと言うことではありません。ダンボールなどで隠れ場所を作ってあげてもいいですし、また、押入れの奥や、タンスの上などもネコは落ち着くようです。それぞれお気に入りの場所が見つかったら、その場所から追い払ったりしないで、そっとしてあげてください。子ネコの時期から、飼い主さんと子ネコ2匹がよい環境で暮らしていけば、将来大きな問題行動をおこすこともあまりありません。

遊びつかれた子ネコが甘えてきたら、十分に甘えさせてあげ、やさしい母親の役割を果たしてあげてくださいね。


 

 

愛犬愛猫の健康チェックリスト基本の5つ

飼い主なら気にしたい5つの基本ポイント

愛犬愛猫の基本的な健康チェック項目です。いつもと違うと感じたら早めに動物病院で診察してもらいましょう!
旅行先などで具合が悪くなると大変ですので、特に旅行前などには確認しておきましょう!


<全体>
・元気はありますか?
食欲や活動などに、いつもと変化がありませんか?

<顔>
・よだれが異常に出たりしていませんか?
・目ヤニが異常に出たりしていませんか?
・耳を気にしたり、汚れたりしていませんか?
・頭を酷く振ったりしていませんか?

<排泄>
・排泄時に異常な行動はありませんか?
・下痢はしていませんか?
・便秘ではありませんか?
・尿に異常はありませんか?
・最近、嘔吐をしたことはありませんか?

<皮膚や被毛>
・異常と思われる脱毛はありませんか?
・毛質に光沢なくなるなど異常はありませんか?
・皮膚を摘んでもすぐに元に戻りますか?

<症状や仕草>
・その他、異常な行動や仕草はありませんか?
・苦しそうに呼吸はしていませんか?
・呼吸時に雑音は聞こえませんか?
・熱はありませんか?
・セキはしていませんか?
・異常な震えや痙攣(けいれん)を最近していませんか?
・歩き方はおかしくありませんか?
・酷く痩せたり太ったりしてきていませんか?
・以前に比べ、水を大量に飲んだりしていませんか?


等々において思い当たる点がありましたら、動物病院にいって健康診断をしてもらうと安心ですね。また、お出かけ先の動物病院も調べておくと良いでしょう!


 

 

ネコの性格はどうやって作られていくの?

子猫の性格形成について

ネコの性格の形成には、どのような要素があるのかというと、一つには生まれ持った気質(遺伝)、そして、もうひとつは環境です。

気質とは、そのネコの品種や性別、親ネコから受け継ぐ遺伝子などによって生まれながらに持っているものです。
環境というのは、野良ネコか飼いネコかということや、飼い主にどのような時期にどのように接して飼われていたかなど、いろいろな要因によってネコの性格が形成されていきます。特にネコの社会化期である生後2週~7週に、どのような環境で育ったかは非常に重要なポイントになります。

まず、この社会化期に少なくても1日40分以上飼い主に接してもらえたか? 接するというのは、一緒に遊んだり、撫でられたり、話かけられるということです。
次に、周りに親ネコや兄弟ネコ、もしくは血がつながっていなくても、社交的な成ネコがいたか?ということです。このような環境で過ごした子ネコは、成ネコになっても他のネコに対してずっと社交的であり続けることができます。そして、もう一つ大切なのは、母ネコの性格です。


母ネコの社会化が十分になされていると、子ネコは母ネコを観察して学習しますので、母ネコが人に対して友好的だと子ネコも人に対して友好的になるのです。ここで、母ネコに限定したのは、ネコの子育ては、雌ネコがするからです。雄ネコは交尾をするだけで、子育てには参加しません。一緒に室内で飼われている場合は、稀に父ネコも子育てに協力するネコもいますが・・・父ネコが子ネコの性格に影響するのは、環境によるものではなく、気質つまり遺伝によるものです。イギリスでの遺伝の研究で、父ネコが人懐っこい性格だと、人懐っこい子ネコになる傾向が高いという結果が出たそうです。


このように、ネコの性格の形成には、さまざまな要因があるのです。子ネコは遊び盛りの時期ですし、ワンパクでかわいいものです。おそらく、エネルギーが有り余っているのですね。できる限り一緒に遊んであげてください。ある程度の年齢がくると大人しくなり、わんぱくだった頃が懐かしく思えるものです。抱っこも子ネコの時期は大人しくさせていても、ある時期を過ぎると自己主張が出てきて、嫌がるようになるネコも少なくありません。

しかし、抱っこの仕方やタイミングによって、大人しく抱っこをさせることはできます。これから、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。きっと、もっともっとネコライフが楽しくなることでしょう。


 

 

肥満猫?それとも大きいだけ?

愛玩猫は以外に肥満が多い!

肥満になると運動を好まなくなるのが普通ですよね。猫は家の中だけで飼うことが動物愛護法の規準では推奨されていますが、運動不足にはなっていないでしょうか?

猫は高い所を好むので、家の中にキャットタワーなどを用意し、昇降運動をさせるようにしてあげます。また、ドライフードなど常に食べられる食事はキャットタワーの高い所に置いておくようにすれば、運動不足予防にも役立ちます。

ご存知のように、猫は単独で狩りをしますから自分より小さな獲物を捕らえてます。そして、1日に何回も狩りをして食欲を満たします。ですから、私の家では常に少量のドライフードが食べらるようにしてあげています。そして、朝晩は缶詰めなどをあげています。

しかし、これも1日のカロリー摂取が過多にならないように配慮しなければなりません。欲しがるからと言って好き放題にオヤツを与えていれば、太り過ぎてしまうのは当然ですね。

中には肥満の予防や改善の基本は食事と運動ですが、太り過ぎてしまいジャンプすらできない子もいます。
こうなると嫌がって運動をしようとしない子もいたりします。

こうならないためにも、肥満ぎみの子には興味を持つオモチャで遊ばせたり、オモチャなどを投げて追いかけさせて運動を少しずつでもさせるようにしなければなりませんね。猫は直線的に走るので、廊下など直線コースが取れる場所があると走りやすくて良いでしょう。

また、運動量を増やすために、首輪やリードを着けて、犬のようにお散歩に連れ出すのも方法です。しかし、肥満の子は暑いと動きたがらないことが多いので、夕方など涼しい時間帯に行くようにしてあげます。

肥満は万病の元とも言われますから、日頃から予防に心かけであげたいものですね。


 

 

 

子供に犬や猫とキスをさせない理由

愛情表現のキス。でもチョット待って!

愛犬や愛猫とキスをするのは飼い主の愛情表現として多くの方がされているかと思います。
テレビでも有名な獣医師や専門家がけれみよがしに動物たちとキスをして、“私はこんなに動物を愛してるんだ!”とアピールしてることもあります。
でも、チョット待って!

これは健康な人の場合には大きな問題になるなることがないようですが、体力が低下していたり免疫力が弱い高齢者やお子さんは注意をしなければなりません。
なぜなら、犬や猫の口の中にはパスツレラ菌という病原性微生物が高い確立で存在し、人間の体にも入り込んで、いろいろな悪さをすることがあるからなんです。皆さんもこの菌の名前は聞いたことがあるかもしれませんね。

お父さんやお母さんのまねをして、小さなお子さんが愛犬や愛猫にキスをすることがありますが、ご自分で健康管理されている愛犬愛猫ならまだしも(それでも安心できませんが、、。)知らないイヌやネコには絶対キスはさせないように注意すべきでしょう。

パスツレラ菌が悪さをする場所によっては、一生リスクを負うようなことになることもあるのです。イヌでは80%以上、ネコでは100%近くが、このパスツレラ菌が口の中に存在しているといわれています。


 

 

 

子猫のワクチン接種

子猫のワクチン接種は?

非常に子ネコの健康管理には気を遣います。しかし、それだけに、大切に育てていくと、一際愛情も湧いてくるものです。

ワクチン接種についてですが、通常初回ワクチンは生後8週間程度で接種し、以後3~4週間ごとに15週~18週までに合計数回接種するのが一般的です。

また、母親の初乳に含まれている移行抗体の影響をまったく受けない時期に初回ワクチンを接種しても、1年以上持続する強い免疫を作るためには、2回以上の接種が必要です。

「cat injection」の画像検索結果

初回接種より1年目以降は、1年に1回の追加接種することが推奨されています。(最近は2年に1回でも充分な効果があるとして、2年に1回の対応を推奨している動物病院もあります。)

「cat injection」の画像検索結果

ワクチン接種の前には、必ず下痢や風邪などをひいていないか、視診な年にどの健康チェックをし、健康であることを確認してから接種します。何か病気に罹っていればまず、病気を治します。このようにして、体の状態がワクチンを受け入れる準備を整えてから、予防接種を受けるようにしてください。健康状態が悪いとワクチン接種を行っても、十分な免疫が得られないこともあります。

「cat injection」の画像検索結果

また、完全な免疫がつくには、最終ワクチン接種後2~3週間かかります。三種混合ワクチンのうち、猫汎白血球減少症は完全に防御できますが、猫ウイルス性鼻気管炎と猫カルシウイルス感染症に対する防御は絶対ではありません。しかし、ワクチン接種をしていれば、もし症状がでても軽い症状で済むようです。

ワクチン接種は獣医師としっかり相談して実施するようにし、万が一ワクチン接種後に少しでも食欲が落ちたり元気がなくなるようでしたら、すぐに動物病院や獣医師に相談するようにして下してくださいね。


 

 

猫=寝子が語源とも言われています。

寝る子は育つ⁉︎

弱肉強食の厳しい世界では、草食動物の睡眠時間は1日に20分~2時間程度といわれています。大自然の中では“眠る”ということは、いつ外敵から狙われるかも知れない“無防備”な状態になることを意味するのです。百獣の王といわれるライオンの場合、獲物を捕るのに体力が必要なため20時間近く眠るといわれています。

「cat sleep」の画像検索結果

同じネコ科動物であるネコも、語源が“寝子”からきているという説があるほど、1日中よく寝ているイメージがあります。

さて、実際にどのくらい眠っているのでしょうか?
それは、1日14時間~20時間程度だろうということです。

「cat sleep」の画像検索結果

しかし、実はぐっすりと熟睡している時間は意外と短く、何かあればすぐに起きて行動できる状態の浅い眠りがほとんどだといわれて
います。“14時間~20時間”と、少し差があるのは、年齢や天候・空腹の度合いなどによって、時間が異なります。年齢でいうと、子ネコほどよく眠ります。これは、人の場合と同じで、眠っている間に成長ホルモンが分泌するためであり、子ネコがぐっすりと眠ることは、非常に大切なことなのです。

「cat sleep」の画像検索結果

また、老ネコも平均より睡眠時間が長くなります。しかし、子ネコと違ってウトウトとした眠りが長くなるようです。