ネコの下痢の代表的な5つの原因

ネコの下痢の原因は?

下痢はネコによくみられる症状です。その原因もいろいろで、ちょっとしたことでもネコはよく下痢をおこします。

下痢といえば、一般的に柔らかいものや形のない便がでる状態をいいます。専門的には軟便、水様便、粘液便などの便の状態で区別され、診察の大事な決め手の一つとなります。ですから動物病院で診察をしてもらう場合には、ネコだけでなく排泄物や嘔吐物も持っていくことをお勧めします。ここでは下痢のおこるいろいろな原因をしり、下痢を起こさせないための対応に役立てるようにしてください。

◆下痢の主な原因◆

①不適切な食事

・急に食事内容尾を変えたとき

・適量以上に与えすぎたとき

・食べられないものの多給したとき

・腐敗した食べ物による食中毒をおこしてとき

・体質に合わないものを与えたとき(牛乳など)やアレルギー症状を発したとき

②ストレス

・住む環境が急変したとき

・過剰に構い過ぎたとき

・新しいペットとの同居が始まったとき

(いずれも精神的不安や緊張が原因んとなります。)

③気温

・急激な寒冷刺激を受けたとき

④内部寄生虫

・回虫、条虫などの内部寄生虫が、消化器官に寄生し下痢を誘発させているとき

⑤その他の疾病

・ネコジステンパーなど伝染性の病気の初期症状や、消化器系疾患の一症状として下痢が誘発されているとき

食べ過ぎで起こる下痢のポイント

食欲と消化吸収能力がバランスが保てていないときは、過食→消化不良→下痢となります。特に体力が低下しているネコ、子ネコ、病後のネコによくみられるパターンです。夏の暑さでまいった秋口も要注意です。

過食などによる単純な下痢は、1~2回ほど食事を抜いて様子を見るようにしますが、体力のない子ネコは保温などをして慎重にようすをみるようにしなければなりません。下痢が止まらないなら、すぐに獣医師に診てもらうようにしましょう。嘔吐する、元気がない、食欲がない、そして下痢をしているような場合は、早急に動物病院での診察をしてもらうようにしてください。この4つの症状がある場合は、危険信号と考えて良いでしょう。

 


 

肥満の犬猫がとっても多いんです

炭水化物も肥満の原因

食事をすることの栄養学的目的は3つです。
・エネルギー源として利用する
・体を作る
・生理機能を調節する

エネルギー源としては、脂肪(脂質)・炭水化物(糖質)・タンパク質がこの役割をはたします。この3つの栄養素のことを三大エネルギーと言われるのはご存知と思います。

「cat feeding」の画像検索結果

脂肪は最もエネルギー量が高く1gあたり約9kcalあります。これに比べ炭水化物とタンパク質は1gあたり約4Kcalのエネルギー量と少な目です。脂肪は少量で多くのエネルギーを作ってくれんるんです。

しかし、脂肪は摂取すると予備エネルギーをして蓄えられようとします。一般的に摂取しても体内に蓄えようとするのです。

「dog feeding」の画像検索結果

ディスクドッグや狩猟犬など激しい運動や長時間の運動をする場合は、充分なエネルギー源を確保するために脂質を多く与えることがあります。(長距離ランナーやサッカー選手がエネルギー維持のために、試合前に脂肪を摂取するのと同じ理由ですね。)
また、育ち盛りの幼犬や幼猫には細胞膜の形成や体の構成のために、脂質を多く与えているのが一般的ですが、(生理的な問題から猫のほうが犬に比べ、脂質を多く必要とします。)愛玩犬の成犬に、過剰の脂質を与えることは肥満の原因になりますから注意をしなくてはなりません。

「dog feeding」の画像検索結果

食べたらすぐに利用されるエネルギー源とりようされるのが炭水化物です。その多くが甘く感じるものが多いが特徴ですね。
しかし、運動不足などで利用されなかった炭水化物は脂肪となって予備エネルギーとして蓄えられます。
運動量に比べ過剰な炭水化物の摂取は、肥満の原因となりますから、これも注意をしなければならないことになるのです。

練りもののスティックジャーをオヤツとして与えている飼主の方が多くいますが、このジャーキーはカビの発生や酸化予防のために、水分含有率を減らし、炭水化物(糖質と表記してあることもあります。)が多く含まれています。(日本では水分が12%を越えるとカビが発生しやすくなるといわれています。)

「cat feeding」の画像検索結果

これらあまり運動をしていない犬に対し、好むからといって与えていることは肥満を誘発することになりますから注意しなくてはなりませんね。
また、ダイエット用のジャーキーも販売されていますが、これはすぐに体内に蓄えられる脂肪を減らし炭水化物を増量しています。エネルギー源としてすぐに体内に蓄えられる脂質をエネルギー量の少ない炭水化物に変更することは、ダイエット効果的は工夫のないものよりはあると考えられます。しかし、ダイエット用だからといって、安心して与え過ぎているのでは肥満の原因になってしまうので注意してくださいね。

「dog feeding」の画像検索結果

追記
~ダイエット運動の注意点~
飼主である人間にもいえることですが、ダイエットをするために運動していて咽が渇いたとき、炭水化物の入っていないもので水分補給をするようにしましょう。運動により、体内の蓄えられた脂質の燃焼が始まったにも関らず、炭水化物を摂取してしまうと、この摂取された炭水化物をエネルギー源とする燃焼回路に変更されてしまい、ダイエットのための運動(体内に蓄えられている脂肪の燃焼)の効果が削減されてしまうのです。


 

ネコの毛づくろいの3つの意味

毛づくろいの主な3つの意味

ネコの毛づくろいは、ネコの本能的な脳の回路に組み込まれた行動です。ネコはこの毛づくろいに起きている時間の8%~15%も費やしているのが普通です。本能的な行動ですから、仔猫はだいたい6週齢位までには成猫と同じような毛づくろいをするようになります。言い換えれば、それまでの間は母猫や飼い主(保護者)が手伝ってあげる必要があることになるのです。通常の毛づくろいの順番は、頭部⇒背中⇒脇腹⇒尾、さらに、肛門⇒生殖器周辺⇒腹部⇒肢⇒指間へと進みますが、この毛づくろいの中でも最も時間を費やすのが顔や首周辺、そして前肢です。肉食動物で最も汚れる部分ですから、毛づくろいの40%もの時間を費やします。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

とはいえ頭や首は直接舐めることができないのですが、どうやって舐めれない部分を毛づくろいするかご存知ですか?
まず初めにポー(肢先の部分、人間でいえば手ということになるのでしょうか?)を舐め、それから直接舐めることができない場所をポーを使って毛づくろいするのです。顔を前肢で拭いているような仕草をご覧になったことはないでしょうか? ネコ独特の愛くるしい仕草ですよね。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

ネコの毛づくろいの時間は体内時計によってコントロールされてもいます。毎日、ある決まった時間に毛づくろいをしているのです。もし、この毛づくろいを数日間できなかったりすると、できなかった分を取り戻そうとしてネコは必死に毛づくろいに没頭するようです。このようにネコは清潔を好む動物であることが覗き見ることができますね。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

生後6週齢まで母猫からしてもらった毛づくろの経験から、他のネコに毛づくろいをするようになることもあります。この行動は血縁関係のある母系社会の中でのみで認められるのが一般的ですが、幼少期から一緒に育った社会的な家族の絆を結ばれたネコ同士(社会的に強く結びついたネコ同士)でも見られることが分かっています。成猫になってからもお互いに毛づくろいもすることも分かっています。ネコの毛づくろいには体温調整という役割もありますが、体を清潔に保つという目的も重要です。自分が舐めれない場所を家族のネコに舐めてもらったほうが簡単ですし、絆も深まるものです。この行動は時として人間に向けられることもあります。

自動代替テキストはありません。

飼い主を執拗に舐めたり毛づくろいを手伝おうとするネコがいます。同じ個所を執拗に舐めてきたりするものです。これは単純な毛づくろいではなく緊張をほぐすためのものなんです。このような行動は大抵は授乳が完了する生後12週齢前に母親から離されてしまったネコに多い行動のようです。飼い主をポーで揉もうとしてきたり、執拗に舐めてきたりした経験はありませんか?

「cat」の画像検索結果

健康管理・遊び相手・精神的安定面などから、相性、性格、感染症などに問題がないのであれば仔猫からの2頭飼養(里親さんになるなど)も考えられてもよいのではないでしょうか?


 

ネコは孤独なハンター!

どうしても止められない狩りの本能
飼い主さんとの「遊び狩り」でストレス軽減

全てのネコには生まれながらにして「狩り」をすることが本能的に備わっているものです。
これは空腹とは関係なくみられる行動で、本能的な欲求によって「遊び狩り」をすることは皆さんもご存知ではないでしょうか? 忍び寄って、飛びつき、襲いかかるというスリルある行動をネコは求めているように感じることもあります。

画像に含まれている可能性があるもの:猫、屋外

単独で狩りをするネコはネズミなどの小動物の尿の匂いに敏感に反応し、小動物がよく通る通路などで待ち伏せをします。この待ち伏せ作戦がネコの得意技です。根気よく獲物を待つわけですが、授乳中の母猫が最も優れたハンターになるといわれています。獲物に飛びかかるときは獲物の横から攻撃し、前肢で獲物を抑えつけながらツメで獲物をすくいあげるようにします。空腹であれば獲物の首に噛みつき、瞬間的に仕留めます。
たいていのネコは狩りが成功すると体を丸めて飛び跳ねるような仕草をしますが、この行動はペットのネコが飼い主さんとオモチャを使った「遊び狩り」でも見られる行動でしょう。まるで喜んで小躍りしているようにも見える仕草ですね。

画像に含まれている可能性があるもの:猫

鳥を捕まえるときには通路での待ち伏せ作戦でなテクニックと方法を使います。地面すれすれまで身体をかがめるように低くし、獲物にゆっくりと近づきます。草むらなどに身を潜めながら近づいていくのですが、獲物に気付かれそうになると動きをストップし慎重に慎重を重ねます。頭はできるだけ前方へ伸ばし、小さな音から察知できる獲物の行動を確かめるように耳を立てて近づきます。そして、ここぞとばかりに最後は高い身体応力を使って獲物を仕留めるのです。ネコが高く飛び上がって逃げようとする鳥を仕留めるシーンなどはテレビや動画で紹介されるくらい凄いものです。ご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか? (実際にネコの狩りの現場を見られた方もいらっしゃると思います。)隠れ場所となる草むらなどがないとなかなか成功しにくい作戦かもしれません。

「cat hunting」の画像検索結果

また、人間からエサをもらっているネコだと、狩りを成功させても獲物を食べないことがほとんどのようです。本能的な欲求を満足させるに過ぎない「遊び狩り」なのでしょう。このネコの本能的欲求を満たす「遊び狩り」は自然界の鳥に大きな打撃を与えることもあるようです。フラワーガーデンで有名な英国では、庭にやってくる鳥の約6%がネコの獲物(餌食)になっているといわれています。、野生の陸上捕食動物のほとんどいないオーストラリアでは、ネコの狩りや「遊び狩り」が野生動物に影響を与えるとして、ネコの管理法が施行されています。日本とは少し違う事情もあるようですね。

「cat hunting」の画像検索結果

単独で「狩り」をするネコは、まさしく孤独のハンターです。 人に慣れているからといって安心していると、狩りの本能で一緒に暮らす小動物や鳥を「遊び狩り」の相手にしてしまうかもしれません。飼い主さんは愛猫の行動に注意しながら、本能的欲求を満たすためのオモチャ遊びを充分にしてあげて欲しいと思います。


 

ネコは何を招くの?

招き猫の起源や発祥は?

招き猫にはいろいろな形のものがありますが、一般的には左右どちらかの手を挙げてお腹に小判があるというのが一般的ですよね。右手を挙げていれば「お金」を招き、左手を挙げていれば「人」を招くといわれています。両手を挙げていると「欲張りすぎ」となるようです。ネコや動物には利き手がありますが、人間と違い半々に分かれるようです。右利きか左利きか観察していると分かるものです。

自動代替テキストはありません。

さて、この招き猫ですが手を挙げて小判をお腹に載せている典型的な招き猫は愛知県の常滑焼きが発祥といわれています。しかし、発祥はとなるといつ?どこで?と気になって調べてみると、どうやら江戸時代の江戸が発祥起源といわれているようですが、江戸以外には京都の伏見起源説もありました。はっきりとわかっていないのが実情のようです。

自動代替テキストはありません。

招き猫の発祥とされているものには、江戸浅草の今戸焼説(今戸神社説)、世田谷の豪徳寺説、新宿落合の自性院説がありますが、今戸焼き説が有力と学者さんたちの中では考えられているようです。その昔、浅草今戸神社の近くに住む老婆が貧しさの余り飼いネコを手放したところ、そのネコが夢に現れて「私の姿を人形にして売れば福寿が授かる」と言ったので、それを浅草神社の横で今戸人形(今戸焼)として売ったところ繁盛したという話しから、江戸の庶民がそれにあやかってネコの人形を飾るようになったとされているそうです。

この今戸焼のネコは「丸〆猫」(まるしめのねこ)といわれ、造形物として現存する最古のもといわれています。横に体をねじって正面を向いて招いていて、後ろ腰に丸〆が書かれています。この丸〆の意味は「お金を丸儲けをする」ということです。つまり、この「丸〆猫」を置いて商売をするとお金が儲かる・繁盛するという縁起担ぎとなったわけです。

自動代替テキストはありません。

絵では1852年に出版された歌川広重作の「浄瑠璃町繁花の図」の浮世絵が招き猫(「丸〆猫」)の存在を証明する最も古い絵画といわれています。

 


 

ネコはずば抜けたアスリート

すごいジャンプ力と走力にビックリ!

ネコは助走なしで四つん這いの状態から約1.5mの高さにジャンプすることができます。これは四つん這いでの体高の約5倍にもなります。そして、時速50㎞で走ることもできます。人間はあの100m走の世界チャンピオンのボルトでさ時速37㎞程度ですから、その速さは凄いものです。同じ猫科のチーターの最高速度は時速100kmにもなります。でも、体の大きさも考慮すると素晴らしい身体能力ではありませんか。

さて、なぜネコにはこんなにも高い身体能力が高いのでしょうか? その秘密は瞬発力に長けた「白筋」としなやかで柔軟な体にあります。背骨などは大きくU字に反ることもできますし、反対に背と腹がくっつくほどに折り曲げることもできるのです。この柔軟な体と瞬発力に長けた筋肉のおかげで、走るときはスライドは大きくなりスピードも急激にアップすることができるわけです。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外

ジャンプ力もこの「白筋」のおかげですが、イヌと違い木に登ることもネコはできます。ジャンプして飛びついたら、鋭いツメを立てて木に抱きつくように登ります。この抱きつくという行為は鎖骨がある動物でなければできません。(イヌにはこの鎖骨がありません。)ネコは前肢を前後だけでなく内側や外側にも自由に動かすことができることで抱きつくことができるのです。(残念ながらイヌにはできない芸当です。)そして、体が柔軟なネコは体を180度も捻じることができますから、形状が変わった形の木にも簡単に対応してしまいます。ただし、降りるのがうまくありません。ジャンプして飛び降りるなら良いのですが、木に抱きつきながら降りるのは鋭いツメが邪魔するため得意ではないのです。(これも可愛くて魅力的ですよね。)

このようなネコの素晴らしい身体能力は、全て単独で狩りをするために養われたものなのです。ですから、群れで狩りをするイヌとは体の構造や筋肉の性質までが異なってるのです。


 

猫のツメの数はいくつか知っていますか? 猫の爪の秘密

ネコの鋭いツメの秘密

実は前肢は5本後肢は4本のツメを持っているのです。愛猫のツメで痛い思いをしたことがある方は結構多いのではないでしょうか?

猫のツメは普段は引っ込めていますが、高いところに飛びあがろうとするときやオモチャで遊ぶとき、そして、ツメ研ぎをするときに鋭く尖ったツメを出してきます。しかし、飼い主さんに甘えて抱っこされているようなときにもツメを出してしまうんですね。この甘えているときに出したつめで飼い主さんがケガをしてしまうことがあるんですね。また、猫じゃらしで遊んでいるときにエスカレートしすぎたりして思わずツメが飼い主さんの腕などに当たってしまうこともあります。歩くときはツメを引っ込めて歩きますから、歩くだけで床を傷つけるようなことはありません。ツメを出して歩くことは、固いものなどの当たると音がするため獲物を狩るには適していないことになります。

実はこの鋭いツメは刃物のように研いでいるのではなく、何層にもなった先端の層が剥がれ落ちると自然に鋭いツメが現れるのです。切れ味が悪くなったツメの代わりに切れ味が鋭い新しいツメを装備するのですね。一般的に「猫のツメ研ぎ」といわれますが、本当は「猫のツメ剥し」?が正しい表現なのかもしれません。

また、ネコはこの鋭いツメを使って壁や柱にツメ跡を残そうとすることがあります。ペットとして飼われているネコではあまり見られない行動ですが、野良猫など自分の存在や縄張りを強く示さなければならない場合に見られるものです。また、ネコの指間には臭腺があり、ツメ跡を残すと同時に自分の匂いも刷り込んでいます。このツメ跡はできるだけ背伸びをして高いところに付けようとするのですが、それは自分を強く大きく見せようとするためなんですね。

猫の多頭飼養で家が傷ついて困るようなことがありますが、多くはネコの鋭いツメが問題となりますが、ネコの鋭いツメはどうにもなりません。市販のツメ研ぎをしっかりと準備し、ネコにツメ研ぎをしたがらないツルツルした素材や固い素材を利用するのが基本の対策となります。もちろんツメ研ぎはネコの好む場所に設置し、上手にそこでするように誘導したりしつけるようにします。この具体的な対策については別に譲りますがオスの複数飼養の場合の去勢の効果は、雄ネコの示威行動をを抑制し、壁への傷が減ることは覚えていると良いと思います。

ニャンパラリな猫の着地

猫の立ち直り反射は凄いぞ!

猫が宙返りしたり高いところから落ちてもニャンパラリと何事なかったように着地する姿は、昔のマンガでにもありましたね。(40代以上でないとご存じないかもしれませんが、柔道の受け身の最高峰の技で、ニャンコ先生の極意です。)

この猫が柔軟に正しい姿勢で着地できるには、柔らかい背骨・弾力のある筋肉・鋭い視力・優れた聴覚器官をもっているからなのです。人間の体操選手でもそう簡単にマネできるものではないでしょうね。柔軟な背骨としなやかな筋肉のおかげで猫は体をねじ曲げることができ、空中でも180度の方向転換が可能になります。体全体がバネといってもよいでしょう。また、鋭い視覚と聴覚器官の三半規管(平衡感覚を保つ)も優れているからこそ、抜群の平衡感覚を保つこともできるわけです。
この正しい姿勢で着地できる猫の能力のことは、『立ち直り反射』といわれています。

猫は高い所にいることが好きですが、恐ろしく高い塀やベランダの手すりなどにも平気で登っていることもしばしばです。しかし、時には間違えて落下してしまう事故もあるようですね。落下事故で猫が無傷だったとの報告は地上5階といわれています。この時に最高落下速度は時速100キロにもなるそうです。(私の知る限りでは4階でしたが、やはり無傷でした。)これは猫が空中で姿勢を立て直した後、両手両足を広く広げムササビやモモンガのように落下するからだと考えられています。凄い能力ですよね。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

とはいえ、万が一高所から落下した場合に骨折などの外傷がなかったとしても、脳へのダメージなど見えない損傷を受けていることもあります。ですから、落下事故の場合は動物病院でのチェックは必ず受けられることをお勧めします。(猫が高いビルのベランダから落ちないよう、ベランダに出さないことが基本ですよね。)

猫の高いジャンプ力(自分の身長の5倍程度はジャンプできるんですよ。)やニャンパラリの柔軟な着地はとても魅力的で、ますます猫の美しさにはまりそうです。


 

動物の偉大な能力

犬や猫の地震予知能力?

犬や猫が地震の前に異常行動をするのは、地震の前に地中で発生する『パルス電磁波』 などを感じとっていからと言う説があります。

画像に含まれている可能性があるもの:猫、木、屋外、水、自然

少し古いデータですが、阪神大震災後の調査結果では、犬が25%以上、猫が39%以上が異常行動を取ったことが報告されています。
それも震度5以上の場合にだけ反応し、震度が大きい場合ほど事前の異常行動がたくさん見られるそうです。

犬や猫の地震前の傾向的に見られる異常行動は?

1.犬と猫に共通
・異常に鳴く、吠える。
・寝ている飼い主を起こす。
・子供を咥えて外へ出ていく。

危険度ランキング順に地震の規模が大きいと予測されているようです。

2.犬の異常行動
・1位:飼い主を外に連れ出すような行動をとる。
・2位:飼い主に噛みついてくる。
・3位:急に飼い主の言うことを聞かなくなる。

3.猫の異常行動
・1位:家からいなくなる。
・2位:高い木に登って鳴く。
・3位:家の中を走り回る。
・4位:しきりに顔を洗う。

※地震を知らせる犬と猫の異常行動ランキング(ハピズムより)

今後は、これを参考に愛犬や愛猫の様子を観察して、異常行動を取っていることが解れば、事前に地震に備えることができるかもしれませんね。

普段から愛犬や愛猫の行動を観察おくことは、愛犬愛犬の健康管理だけでなく、このようなことにも役立つんですね⁉︎

皆さんはご、愛犬愛猫の予知能力を感じた経験はありますか?

ペットにも感情はあるのでしょうか?

犬猫は悲しい時に涙を流して泣くんでしょうか?
愛犬愛猫と心は通じ合えるのでしょうか?

私は愛犬は涙を流して泣くように思います。
正直、実際は悲しみという感情で涙を流すことないかと思います。 しかし、犬は喜怒哀楽を感じることのできる動物であり、周りにいる人間と感情を共有できるのではないでしょうか?

犬の知能は人間の3歳程度といわれていますが・・・。

ずっと帰らぬ飼い主を待っていたり、はたまた、親愛する仲間や飼い主を助けるためにいろいろなことをしてくれた逸話は数え切れないほどあります。我々の気持ちや思いが伝わるのかと感じることは多々あります。

互いの生理学的な証明の前に、感じる力がそうさせるのでしょうか?

私は生理学的な証明の前に、私達と愛犬愛猫との心の通じ合いを優先して信頼していきたい思ってしまいます。

日頃から愛犬愛猫を観察し理解することで、その情緒の変化は伝わってくるとものです。犬の情緒は涙ではなく、他にいろいろな表現が現実にありますが、これを無意識に分る飼い主が勝手に人間の表現に変換して言い伝えているとも考えられるかもしれませんね。

はたまた、愛する飼い主を失った時に絆や気持ちが通じる愛犬は心の中で涙を流して悲しんでいるのでしょうか、、、私はそう信じたいと思います。

実際に愛犬愛猫を失った時の私の感情と同様の感情を愛犬愛猫は持ってくれるのではないかと・・・・期待しているのかもしれません。それは、エゴかもしれませんが、信じたいのです。

犬猫は生理学的また心理学的には、悲しみのために涙を流さないと体の構造上からは言われています。

人間の目に比べれば、一般的に動物の目は潤んでいるものですが、人間の感情次第で、は涙を流しているように感じるのが本当なのでしょう。

それでも私は愛犬愛猫との絆を信じていきたいと考えています。

みなさんはどのように感じていますか?
きっと愛犬家のみなさんはどのように感じおられておられるのでしょうか?